寝室

ダニとカビを防ぐベッド

ダニアレルギーの患者が増えていますが、原因の1つはベッドです。布団は日干しできますがベッドは大きくて重たいので動かせないのです。1日の3分の1を過ごすベッドなので、最も気をつける必要があります。理想的なのがすのこベッドです。床板にたくさんすき間が空いているので通気性が良く、湿気を逃すことができます。

睡眠

種類毎の特徴を知る

すのこベッドに用いられる素材は4つあります。断熱効果の高い桐、耐久性の高い檜、リーズナブルな杉、柔らかさを特徴とするパイン材です。それぞれ特徴が異なりますので、それらを把握した上ですのこベッドを選びましょう。

ベッド

安価なお店を探そう

すのこベッドは風通しを良くすることができるので、とても人気です。できるだけ安価なお店を探しましょう。5000円から2万円程度で購入できることもありますが、自分で作ってみるという人も最近は増えてきています。

最新記事一覧

女性

日本の環境に合ったベッド

湿気が高い日本ではカビが繁殖しやすい環境と言えます。特に布団は1日の3分の1程使用するものです。すのこベッドは通気性が良く、カビの繁殖を予防してくれます。材質も選べるので自分の環境に合わせる事も可能です。日本の気候に合ったベッドといえます。
寝具

通気性が抜群のベッド

布団を畳や床などに直接敷いているのなら、すのこベッドを活用して、空気の通り道を作ってあげましょう。すのこベッドを正しく活用すれば、夏の寝苦しさや湿気った布団を天日に干す手間を大幅に減らすことができます。

寝る人

衛生的で長く愛用

すのこベッドは、天然の木を使用しているので、アレルギーや小さなお子さんでも安心して使えます。また、通気性がよく、カビを防ぐことができるので、快適な睡眠環境を保つことに役立ちます。欧米式のベッドで会わない方も是非検討してください。

ベッド

特徴を知って種類を選ぶ

すのこベッドは大きく分けて2種類あります。「折りたたみ型」と「ベッド型」です。前者は寝ないときには簡単に収納できますし、布団を干しやすいという特徴があります。後者は寝心地がとても良くてカビが発生しにくいという特徴を持っています。

自然に抜けていく湿気

寝具

布団干しにも便利

すのことは、細長い板を間隔を空けながら複数枚並べて繋ぎ、大きな板としたものです。多くの隙間があるので、すのこで作られたベッドには、上に載せたマットレスの湿気が下に抜けていくという特徴があります。つまりすのこベッドでマットレスを使うと、湿気で傷みにくく、長持ちしやすくなるということです。もちろんカビが生えたりダニが繁殖したりといったリスクも低くなるので、その分快適に眠ることが可能となります。そのため寝ている時の発汗量が多く、寝具がじめじめとしやすい人からは、すのこベッドには高い人気があります。しかも、湿気が自然に抜けていくのですから、マットレスを壁などに立て掛けて干す必要性が少なくなります。マットレスは重く、立て掛けるには手間がかかるので、それが難しいという人からもすのこベッドは注目されているのです。また近年では、すのこを取り外して二つ折りにし、山のような形で床に設置できるというすのこベッドも増えています。窓際などに設置し、その上に掛布団を載せれば、手軽に天日干しができます。もちろん隙間があるわけですから、裏面からも湿気が抜けることで、掛布団はふっくらとした状態になります。布団干し専用の台を別途購入せずに済むので、このタイプのすのこベッドの需要は高まっています。さらにすのこベッドは、ほとんどの場合は天然の樹木で作られています。そのため金属製のパイプベッドが苦手という人や、木のぬくもりや香りを楽しみたいという人にも、すのこベッドは愛用されています。