ダニとカビを防ぐベッド

寝室

天然木素材のベッドを選ぶ

最近増えているのがダニアレルギーの患者です。畳などは直接座るので目に沿ってよく掃除をする必要がありますし、フローリングの床も同様です。最も肝心なのは寝具です。1日の3分の1を寝て過ごすのですから特にダニやカビに注意するべきです。布団は日干しできますが、ベッドの場合は大きくて重たいので年に何回かしか掃除できないのです。そのような場合に利用したいのがすのこベッドです。すのこは板と板の間にすき間があるので風通しが良く、ダニやカビの防止に役立ちます。ベッドの床板の部分がすのこになっているものをすのこベッドといい、人気が出ています。一般的なベッドの場合は底板が密閉されているので、通気性がないのです。寝ている間に人間は1リットル以上の汗をかくと言われていますが、その湿気を逃がすことができないのです。マットレスの中に湿気がこもってダニやカビの発生の原因になりやすいのです。すのこベッドなら床板にすき間がたくさん空いているので通気性が良く、湿気を逃がすことができます。すのこベッドの上にマットレスや布団を敷いて利用しますが、床板の通気性が良いので布団やマットレスの湿気を逃がすことができます。それによってダニやカビを防ぐことができるのです。理想的なすのこベッドは天然の無垢材です。このような天然木は吸放湿効果があり、湿気が多い時は吸収し、乾燥している時は湿気を放出する効果があるのです。すのこベッドを選ぶ時は天然木の素材を選びます。