種類毎の特徴を知る

睡眠

素材の種類は4つ

すのこベッドを選ぶときには材質を選ぶことが重要です。それというのも、すのこベッドは使用される木材によって性質が変わるからです。そこで、すのこベッドに用いられる素材の種類を把握してからすのこベッドを選ぶことは、とても大切なことです。素材の種類は桐、檜、杉、パイン材の4つです。桐は断熱効果に優れているという特徴があります。そのため、夏場は熱くなりすぎず、冬は冷たくなりにくいです。熱がりの人や冷え性の人は桐が素材のすのこベッドを選ぶことをおすすめします。もう1つは檜です。檜は強度が高いという特徴があります。虫が発生したとしても虫に喰われることはありません。長期間使用したい人にはおすすめです。ちなみに、ヒノキオールとよばれる香りはリラックス効果もあります。3つ目は杉です。杉は日本で非常に多く植林されている木材の1つです。安価に仕入れることができるので、杉を使ったすのこベッドは非常にリーズナブルです。価格を重視したい人におすすめです。また、水分を吸収する力に優れているので、湿気が多い季節でも問題ありません。4つ目はパイン材です。これは松と同じように「柔らかさ」に特徴があります。パイン材が使われているすのこベッドで寝ると柔らかくて心地よく感じます。柔らかいすのこベッドを求めている人に推奨されます。すのこベッドには上記の4種類の素材が使用されますが、自身の目的に適ったものを選ぶようにしましょう。