日本の環境に合ったベッド

女性

睡眠を快適にする品

日本の気候には、すのこベッドが適しているといえます。特に日本は四季があり冬は気温が低く、湿気の多い梅雨等の季節もあり布団にカビやダニが繁殖しやすい気候です。すのこベッドのすのこは、太い木材に薄い木材を直角に取り付けた形状をしています。木と木には間があり、通気しやすい作りになっています。その為お風呂場に敷いたり、押し入れに敷いてカビ予防に使用されています。布団は湿気がこもりやすく、季節によりカビが繁殖しやすい環境になってしまいます。カビが繁殖する事で胞子を出し、健康被害にあう可能性もあります。空気を布団の中に取り込む事が予防には重要で、すのこベッドの通気性の高さは予防に適しています。これらの事から日本の気候に適したベッドといえるでしょう。すのこベッドの材質は木であり、その木には様々な種類が使用されています。材質により特性等が変わりますので、自身の環境に合わせて選択できます。日本でも馴染みのヒノキは、吸放湿効果が高いだけでなく、脱臭効果もあり人気の素材です。特に、ヒノキの香りには、リラックス効果もあり安眠を補助してくれます。住宅用建材によく使用されている杉は断熱性に優れ耐久力も高い性質があります。杉のすのこベッドは、木材自体が成長が早く流通量も多いので、比較的安く購入する事ができます。最後に桐ですが湿度が高いと膨張するので湿気の侵入を防ぐ性質があります。また、乾燥すると逆に収縮するので通気性が高まります。軽いので持ち運びも楽で材質の変化も少ないです。自分の好みや環境に合わせて材質を選択できる、日本の気候に合ったベッドです。