>

高齢者と薬の関係

あなたの祖父母は大丈夫ですか?

全国の保健薬局からの調査であるデータが出ています。
75歳以上の患者の4人に1人が7種類以上の薬を、そして4割の人が5種類以上の薬が処方されているのです。
薬を6種類以上飲んでいる人は副作用のリスクが特に増えるというデータもあります。
複数の薬が相互作用して悪影響がでることもあります。
高齢者は薬の成分を体から押し出す力が落ちています。
そのため薬の影響が持続しやすく、副作用が出やすいんです。
出やすい症状はふらつき、転倒、抑うつ、食欲低下、便秘、尿失禁、排尿障害、せん妄、記憶障害、などです。
原因となる薬は色々あり、こちらは一部ですが、降圧剤。睡眠薬。抗ヒスタミン薬、非ステロイド抗炎症薬などがあげられます。

処方カスケード

前述でも述べていますが、薬を使うと副作用が出ることがあります。
副作用により症状が出たとき他の病気にかかったと間違われて、それにより別のお薬が処方される、このように状態の変化を見逃すことで処方が増えていくことを処方カスケードと呼びます。
この処方カスケードを呼び起こす要因としてはNSAIDsと呼ばれている一般的な痛み止めの薬や血圧を下げる降圧薬などが例として挙げられます。
ではこの処方カスケードに私達はどう対応、対策していけば良いのでしょうか?
まず、新しく出た病態に対して薬を処方しようとするとき、その症状が以前の薬物治療ではないかと疑うこと。
次に、最初に処方された薬が本当に必要だったのか考えること。
最後に、元の薬物治療を続けることのメリットとデメリットを考えること。
以上3点となっております。


この記事をシェアする